読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「監禁嬢」ネタバレ感想ブログ

漫画「監禁嬢」ネタバレブログです。あらすじや感想、結末などまとめています。無料試し読み情報も^^

坂辺周一「ウラノルマ」あらすじとネタバレ感想【実話を元に描かれる、エリートOLの裏の顔】

 坂辺周一「ウラノルマ」あらすじとネタバレ感想【実話を元に描かれる、エリートOLの裏の顔】

 ウラノルマ1巻

 

こんにちは!

 

漫画大好き♪

2児の母の「ゆめこ」です!

 

1997年に起きた、東電OL殺人事件。

 

未解決のまま終わったこの事件をモチーフに描かれた、エリートOLの「裏の顔」とは?

 

坂辺周一「ウラノルマ」

 

昼は一流企業に勤めるOL。

 

しかし夜は、道端に立つ娼婦。

 

ふたつの顔を持つ女の結末とは?

 

この記事では、坂辺周一「ウラノルマ」の内容について、少しだけネタバレしながらご紹介していきますね。

 

 

私が読んだのはここ

→まんが王国

ここなら会員登録なしでも無料で試し読みできます!

  

 

坂辺周一「ウラノルマ」あらすじ

 

1997年。

 

渋谷で起きた、東電OL殺人事件。

 

一流の会社に勤めながら、夜は娼婦として街に立っていたという、被害者の女性。

 

その二面性が、当時マスコミを騒がせたこの事件。

 

犯人は逮捕されないまま、迷宮入りしています。

 

この事件をモチーフに、サスペンスの奇才・坂辺周一先生が描く、戦慄のサスペンス!

 

ヒロイン・国枝あおいは、昼は一流企業のチーフとして働いています。

 

しかし夜は、変装して街に立ち、「一晩に3人客を取る」という裏のノルマを自分に課した、娼婦となるのです。

 

彼女はなぜ、裏の顔を持っているのか?

 

人の心の闇を克明に描き出す、坂辺先生の手腕が光ります。

 

無料試し読みはこちらから

→まんが王国

「ウラノルマ」で検索してみてください^^

 

坂辺周一「ウラノルマ」ネタバレ! 

ウラノルマ1巻

 

昼はOL、夜は娼婦

 

ヒロイン・国枝あおいは、一流企業に勤めるOL。

 

美人で完璧、性格もいい。

 

その仕事ぶりと、持って生まれた育ちの良さで、周囲からとても頼りにされていました。

 

しかし彼女には、誰も知らない裏の顔がありました。

 

それは、会社を定時で上がったあと、街角に立つ娼婦になること。

 

変装したあおいの相手は、低所得の労働者たち。

 

安い金額で体を売り、男たちに「汚してもらう」

 

一晩で、客は3人。

 

それがあおいが自分に課した「ウラノルマ」でした。

 

 

殺害

 

しかし、客の一人に、表の顔を知られたあおい。

 

会社のビルで偶然会ってしまった男と、屋上でもみ合ううち、

 

あおいは男をビルから突き落とし、殺害してしまいます。

 

(どうしようっ)

 

(どうしたら・・・)

 

焦るあおいですが、今は勤務中。

 

動揺する心を押し殺し、仕事に戻ります。

 

その夜。

 

いつものように変装し、街に繰り出すあおい。

 

「それで、どうするの?」

 

「遊ぶの?遊ばないの?」

 

「5千円払ったら、本当に舐め回してあげるワョ・・・」

 

駐車場の隅で、男を誘うあおい。

 

あおいにとって、娼婦の仕事は、自分を保つための「精神安定剤」でした。

 

 

父の死

 

 あおいの父は、世界的に有名なデザイナー・国枝。

 

父が持つ会社もまた、世界規模の大きな会社でした。

 

厳格な父に、認められたい。

 

それだけのために、生きてきたあおい。

 

しかしアメリカで暮らす父は、ガンに冒されていました。

 

ある日飛び込んできた、父危篤、という知らせ。

 

それはあおいを、絶望のどん底に突き落とすことになります。

 

父に認められたい。

 

きちんとした、優秀な自分でありたい。

 

それだけのために、生きてきたあおい。

 

父の死を目の当たりにすることで、精神のバランスが崩れかけたあおい。

 

彼女はスラムの片隅で、居合わせた男たちに体を差し出すことで、自分を保とうとするのですが・・・

 

  

私が読んだのはここ

 →まんが王国

ここなら会員登録なしでも無料で試し読みできます!

(「ウラノルマ」で検索してみてください)

 

坂辺周一「ウラノルマ」読んでみた感想

f:id:yumeko2016:20161008055804j:plain

 

 

実際にあった事件を元に描かれた作品です。

 

昼はエリート。

 

夜は娼婦。

 

2つの顔を持つあおい。

 

彼女はなぜ、こんなことをしているのか?

 

冒頭から、いきなり人が死ぬというショッキングな展開ですが、

 

読み進めるうちに、あおいの深い孤独と、歪んだ家庭環境が見えてきます。

 

あおいにとって、父に認められることだけが、人生の全てでした。

 

その父を失ない、道しるべを無くしたとき、彼女はどんな道を選ぶのか?

 

悲しい話です。

 

孤独な女性の、破滅への道のり。

 

生きるということについて、とても深く考えさせられました。

 

 

 ここなら会員登録なしでも無料で試し読みできます!

 →まんが王国

「ウラノルマ」で検索してみてください^^

 

こんな記事も書いています

 

kannkinnjyou.hateblo.jp

 

 

kannkinnjyou.hateblo.jp